企業法務の仕事内容

企業法務とは、企業の行うビジネスにおいて法律的な問題を取扱い、トラブルの回避、予防、対応、さらに社内のコンプライアンス問題や労務などの諸問題について専門知識をもって対応します。
社内での働きかけが多く、その働きによって直接利益をもたらす部門ではないことから、営業などの部署よりも地味に感じられることもあります。
多くの場合には、法務部や法務課、法規課などの専門となる部門があり、会社の法律に関する業務を取りまとめています。
中小企業などでは、総務部などが兼任していたりすることもあります。

専門的に法律に関することを取り扱うため、顧問弁護士との連絡、相談等のやり取りを行うことも多く、企業法務を扱う部署のスタッフ自身も大学の法学部などを出ていたり、司法試験受験者であることもあります。
法律に関して詳しくなければ企業法務の業務を担うことは難しいため、求人などでもその知識を求められるでしょう。
また、会社の一社員としてその業務内容な商品、他の部署の仕事内容にも精通していることが望ましく、法律以外にも多くの知識を求められます。
その分エリートのイメージも大きく、社内では重要な部署となります。

商取引に関係する契約書の作成や企画、営業部門から立ち上がったプロジェクトの内容の精査、支援を中心に事業活動に関わります。
また、総合的な法律問題への対応、コンプライアンスや労務、社内規程の取り扱いなど、社内の問題解決にも中有心的な役割を担っています。
当サイトでは企業法務の役割と仕事内容について考えてみましょう。

Copyright © 2014 企業法務は誰ができる仕事なの? All Rights Reserved.